車買取 ローンあり

車買取、ローン残債がある場合は売る事はできるのか?

 

車を売る時に注意しなければならないのがローン残債です。一般的に自動車のローンには2種類あり、ひとつは金融機関からお金を借りて購入するケースと、もうひとつが車の購入費用を信販会社などを通じて分割払いで支払うというものです。

 

前者の金融機関からお金を借りる場合には、自動車ローン、マイカーローン、オートローンなどの名称で貸し出されており、メリットとしては金利が低いことや新車以外にも中古車やオートバイなどの購入に使うことができます。この場合には自動車の所有者の名義は購入者本人になっているためローン残債があっても車買取などを利用して車の売却を行うことができます。

 

一方で問題となるのが信販会社などを通じて分割払いで支払う方法です。この場合には、所有者は信販会社などになっており、勝手に売却することはできません。このためまずはローン残債を清算する必要があります。このさいの手段としては、残りのローンを一括して支払うか、また買取店に査定をしてもらい、その査定額で支払いが可能であれば、その金額でローンの返済を行うか、不足している場合には現金をプラスして、残りのローンを支払うといった方法があります。いずれにしてもまずは所有者となっている信販会社に対して売却したいことを伝える必要があります。

 

手続きそのものは個人でも行うことが出来ますが、交渉をする必要があるなど何かと面倒なものです。このため車買取店でもローン残債のある車でも買取ってくれるところを選ぶと手続きをスムーズに行うことができます。この場合には、車買取店が査定を行い残りのローンの支払いが可能であればローン元に対しての手続きを行ってくれます。また査定額が低くてローンの支払いが困難な場合でも、残ったローン分を新たなローンで貸し付けてくれるところもあります。このような場合にも手間なく自動車を処分することができます。

 

車買取店に車を買取って貰って、ローンが発生するというのも少しおかしな話ですが、自動車を所有し続けると税金が掛かるので、不要な車を処分したいという意味では、ローンが発生してでも車を処分した方がお得なケースもあります。

 

いずれにしても、車を売りたい場合にはまずは車検証を見て、所有権が誰にあるのかを確認してから手続きを行う必要があります。特に過去にローンの返済が完了していても所有者がローン会社のままというケースもあります。これは、自動的に名義変更されるものではないためで、ローンの返済が完了したら将来的に自動車を処分するさいの手続きをスムーズにするためにも名義変更手続きを行っておく必要があります。