中古車買取 名義変更

中古車買取で名義変更を行う場合に注意してほしいポイントとは?

 

乗り換えなどで乗らなくなった乗用車は中古車買取をして貰って売却する方法があります。インターネットで一括査定を申し込むのが最も買取して貰える確率は高いですので、知り合いなどで車屋がない場合は一括査定をされることをお勧めします。多くのサイトでは僅か数項目のチェックだけで中古車買取が出来る業者から返信がきます。

 

中古車の場合は査定額が低くなる場合が多いですが事故車や水没車でなければ買取できる事が多いです。最後は査定によって廃車か店舗やインターネットを通して販売する事を業者側が決めます。廃車でなければ整備して販売する事になったり、買取業者の社用車に転用する訳ですから名義変更の書類を記載する事になります。

 

書類は買取業者が用意して貰えるので売買契約が成立後に書き込み、査定金額の振込みなどと交換で渡す事になります。買取業者から委任状と譲渡証明書の2通が渡して貰えますが印鑑などが鮮明にない場合などを考えて、両方の書類とももう1通を予備で貰っておくと書き損じても、すぐに予備の書類に書き直しすることができます。

 

また自動車を売却する場合は自賠責保険の一部が還付されます。なお次の車検まで3ヶ月を切っている場合は還付の対象にはなりません。また役所で印鑑証明書を取ってくる事が必要になります。また車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合は住民票や戸籍謄本など違う書類を用意する必要があります。自動車の名義変更を行う場合は自動車税を納税することが条件となっており、まず納税を済ませる必要があります。

 

名義変更を行う場合は実印を使用することもありますので契約が完了するまでは紛失しないように注意がいります。中古車買取を依頼した場合は査定前には室内の掃除と外観は軽く流す程度で十分です。査定額を上げる目的で洗浄すると逆に傷がつく場合があります。中古車は多少の傷があるのは当たり前なので、買取後に専門業者が板金して小さい傷なら直せますので、下手に傷付ける必要はありません。

 

ただし自分が使用していた時に付けた傷などは査定士から質問されたら正直に答えた方が良い場合があります。虚偽をすると事故で傷つけたなど不安が出てきますので、査定にも慎重になる場合があります。また車の専門家ですから傷を見れば状態が把握できるので嘘で信頼関係を失うよりは正直に答えた方が信頼を築ける事もあります。査定士も人なので状況を説明すれば納得されることもあります。